Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

ひーちゃん写真部45回目

番組名:まるまる京都!~京ごよみ~
更新日:2019年03月08日

今回は「京都水族館でペンギン」を撮影してきました!

数か月前に一度京都水族館の紹介はしたことがありますが、つい先日京都水族館に行ったときにペンギンにドはまりしてしまい、とっても良い写真がたくさん撮れたので今回は、京都水族館のペンギンさんにしぼってご紹介します!

京都駅から徒歩15分ほど、梅小路公園の前にあります京都水族館。平日に行ったのでとてものんびりと過ごすことができました。ゆっくりとペンギンさんのいるエリアでペンギンの撮影をしてきましたよ~。

京都水族館にいるペンギンは、ケープペンギン。

ペンギンといえば、南極などの寒いところにすんでいるイメージがありますよね。意外なんですが、暖かいところにすんでいるペンギンもたくさんいるそうなんです。このケープペンギンは、アフリカ大陸の南部でくらしているそう。特徴はくちばし付け根のピンク色。これが暖かいところにすむペンギンの証(あかし)なんですって~。

そんな、ケープペンギンのたくさんいるペンギンエリアで、ペンギンの集まっている所をパシャリ!

今日の映えポイント1つ目です!

う~ん、なんだか井戸端会議をしているような絵面ですね。どんなお話をみんなでしているんでしょうか。かわいい・・・

さて、次は一匹に絞ってガラス近くにいるペンギンをパシャリ!

今日の映えポイント2つ目です!

ケープペンギンって小柄で、大きくても4キロ程度なんだそうです。大人でも小さくてヨチヨチと歩く姿は誰が見ても愛おしくなるんじゃないでしょうか!

さて、ず~っとペンギンエリアにいると、いつのまにか人がたくさん集まってきました。

京都水族館のパフォーマンス&フィーディングプログラムの一つ、「さぁ、ごはん!」の時間が近づいていたからなんだそうです。このプログラムは、「ペンギン」エリアが最も賑やかな雰囲気となる「ケープペンギン」のごはんの時間です。

こちらの「わいわいペンギン」では、飼育スタッフが1羽1羽の名前を呼んでコミュニケーションを交わしながらごはんを与えていくんです。ペンギンたちは個体ごとに食欲や食べ方の癖が違い、ごはんを与える方法やテクニックは飼育スタッフの腕の見せどころだと飼育員さんは最初に説明されていました。ごはんの時間ならではのさまざまなペンギンたちの表情や動作に注目してくださいとのこと。

これは、見ていくしかない!京都水族館には、京都の東西の通り名から名付けたペンギンが50羽近くいて、その全てのペンギンの顔と名前を飼育員さんは覚えて、ご飯をあげているんです!正直、素人目にはみんな同じに見えちゃいます・・・一羽一羽名前を呼びながらごはんを与える飼育員さん素敵でした!さて、ここで今日の映えポイント3つ目です!

飼育員さんの持っているごはんを「早くくれ!」と言わんばかりに見上げている瞬間をパシャリ!

みんなのごはんを見上げる後頭部がキュートです!

この、ペンギンエリアの「さぁ、ごはん!」は、【3月】

※20日まで平日 ①午後3時15分~

土曜日・日曜日 ①お昼12時15分~ ②午後3時15分~

※21日以降平日(21日を除く)①午後3時15分~

土曜日・日曜日・21日(祝・木)①お昼12時15分~

を予定されています。事情により開催時間が変更になる場合もあるそうなので、ご注意ください。

 

今回ペンギンばかりをみて、私も飼育員さんみたいに、一羽一羽の顔と名前を覚えられるようになりたいなぁなんて思いました。水族館にいると、綺麗な魚を眺めたり、かわいいペンギンをみたり、時間がゆっくりと過ぎていくのが本当に良いですね。お聞きの皆さんも、京都水族館で癒されてみてはいかがでしょうか?ペンギンエリアはひーちゃんオススメですよ!