Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

3月29日 北消防署 西本副署長に聞く「自然災害の脅威」や「人間の強さ」「絆の大切さ」

プログラム名:GLOCAL KYOTO 木曜日
更新日:2018年03月29日

◆「いきいき北区 情報コーナー!」

今回は、北消防の西本副署長をゲストにお迎えし、様々な災害現場での救助活動のお話を伺いました。
 
北消防団 予防広報班の活動で、日頃から北消防署の皆さんには大変お世話になっていますが、中でも西本副署長は、いつも周りを明るい雰囲気にして下さるムードメーカー的存在なんです(^-^)♡
 
そんな西本副署長、実は、救助隊(レスキュー隊)として長くご活躍され、これまでに「阪神淡路大震災」や「新潟地震」「福井豪雨」「鳥インフルエンザ」「東日本大震災」など多くの災害現場で救助に当たられたそうです。
 
数ある救助活動の中で、今回は、副署長が緊急消防援助隊の京都市指揮支援隊長として出動された東日本大震災のお話をしていただきました。
 
東日本大震災の中でも特に被害が甚大であった宮城県の南三陸町に向かうまでの過酷な道のり…
私たちがメディア報道で見るより遥かに想像を超える悲惨な現場の様子…
被災して大変な状況の中、被災者の方々から感謝の言葉を頂くこともあったそうです。
 
今回は、番組の時間の関係で全てお話しいただく事は叶いませんでしたが、副署長が現場で見て感じてこられた「生」の貴重なお話を、私は涙なしでは聴くことが出来ませんでした。
 
副署長のお話から、「自然災害の脅威」や「人間の強さ」「絆の大切さ」を改めて強く感じました。
 
本当の復興は、まだまだ先かもしれません。
しかし、人の心の中の復興は「絆」を通して始まっているのです。