Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

ひーちゃん写真部40回目

番組名:RADIO MIX KYOTO 京ごよみ
更新日:2019年02月01日

 

今回は「上賀茂神社」を撮影してきました!

 

京都の春の風物詩であるあの「葵祭」でも有名ですよね。

上賀茂神社は正式名称を「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」といい、京都市内の北部上賀茂の地にあり、神代の時代から信仰を集めています。

 

上賀茂神社の御祭神「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのみこと)」は、母である玉依日売(たまよりひめ)が境内を流れる御手洗川に流れてきた白羽の矢を床に置いたところ懐妊したとされます。玉依日売とその父の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)は先週ご紹介した、下鴨神社に祀られています。

御祭神である「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのみこと))」の「別雷(わけいかづち)」とは若い雷(神鳴り)という意味もあり、雷を神様と考えていた古来、日本人の信仰を伝えています。

 

678年に創建され、本殿 権殿は国宝、楼門、唐門など多数は重要文化財の上賀茂神社。

厄除け、雷(いかづち)のご神威により、あらゆる災難を除く厄除けの守護神として信仰されています

 

都が京都に遷されて以来、皇城鎮護の神、鬼門の守り神として崇められている上賀茂神社の映えなスポットをご紹介します~!

 

下鴨神社に行った時も同じことを言いましたが・・・広い!!!!

最初の鳥居を入った瞬間から、その広さと、美しさに圧倒されました。

そのまままっすぐ…進まずに、右のほうに川と橋が見えたのでそっちに向かって歩きました。

私のマイナスイオンを求める本能が綺麗な川へ導いてくれました。

今日の映えポイント1つ目です!

川のほとりを歩きつつ上流へ向かうと、川の向こう岸に小さな祠が、その下を流れる綺麗な川と一緒にパシャリ!

写真を見るだけでマイナスイオン、大自然を感じられる、涼し気な綺麗な写真が撮れましたよ。

そのまま、細殿のほうへ歩いていると、んん?なんでしょうこれは・・・

細殿前には円錐の形に盛られた砂が二つ…?

今日の映えポイント2つ目です!

この正体は「立砂(たてずな)」。立砂は細殿前に作られ、神様が最初に降臨された上賀茂神社の北2kmにある神山を模して作られたといわれています。

現在でも鬼門や裏鬼門に砂をまき清めるのはこの「立砂」が起源とされているようです。

このとても目を引く「立砂」をパシャリ。この話を聞いてからだと、なんとも神秘的な雰囲気を感じさせられる写真が撮れましたよ。

さて、そのまま後ろを振り向くと、奉納された数多くの酒樽が綺麗に並べられています!

今日の映えポイント3つ目です!

名前が見たことのある日本酒の大きな酒樽が横に大きく、縦に高く並べられている所をパシャリ!

迫力というか、ボリューム感のある写真が撮れましたよ~!

上賀茂神社には、今回きっと私が見逃している映えなポイントやスポットがもっとたくさんあると思います!上賀茂神社は、その場所にいるだけでパワーをもらえるような気がしたので、また絶対に足を運ぼうと思っていますが、この番組を聞いて上賀茂神社に行かれた方は、是非、映えな写真が撮れたら私に教えてくださいね!

 

上賀茂神社へのアクセスは

市バス 上賀茂神社前 バス停 下車すぐです。