Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

8月25日 夏の「だるい」を徹底 解明☆

プログラム名:KYOTO RIVERSIDE WALK 木曜日
更新日:2016年08月25日

◆「珠里collection ~じゅり☆コレ~」

 

湿度が高く、蒸し暑い日本の夏。

体がだるい、疲れが取れない、胃腸の調子が悪い…などの不調は、8月後半から秋にかけての時期に、特に出やすいと言われています。

皆さんは大丈夫ですか~?

今回のじゅり☆コレ キーワードは…「夏だる」です!

 

< 夏のだるさ=「夏だる」の3大原因 >

① 温度差 → 自律神経が乱れている!

人の体が無理なく対応できる温度差は、7~8℃と言われています。

しかし、炎天下の屋外と冷房のきいた屋内の温度差は15℃近くあることも…。

体温調節をつかさどる自律神経が悲鳴を上げてしまい、夏だるに繋がります。

 

② 冷え → 血行不良&胃腸の機能がダウン!

冷房で体が知らず知らずのうちに冷えていることが…。

血の巡りが悪くなり、肩こりや頭痛に繋がります。

また、冷たいものばかり摂取していると内臓が冷えてしまい、胃腸の機能が低下して夏だるに。

 

③ 夏太り → 体が重くなる!

夏は痩せる!と思っている方、多いのではありませんか?

実は「夏太り」する人は「夏痩せ」する人の約3倍というデータがあります。

基礎代謝が下がる夏に、アイスクリームや清涼飲料水などの糖分の多い物をたくさん摂ったり、

脂っこいスタミナ料理を食べていると、あっという間に体にお肉が…。

急な体重増加で、夏だるに繋がります。

 

< 夏だる防止は、ファッションから!>

毎日の着こなしも、実は夏だるに繋がっていた!?

夏を元気に乗り切る為の、OKファッションとNGファッションを紹介!

 

・OKファッション

ストール、通気性の良いトップス、靴下、ゆったりボトム

綿、麻、サッカー生地は吸水性が良く、乾きも早いので◎!

ゆったりとしたデザインは、空気が対流し、熱がこもらない為、涼しく感じられます。

靴下も足の汗を吸収してくれ、足からの冷えにも効果的です。

ストールを首に巻くことで、熱中症の予防にも!

 

・NGファッション

ノースリーブのトップス、スキニージーンズ、素足にサンダル

肌の露出が多い服は、汗を吸収してくれる生地がない為、肌がベタつきやすく、不快感アップに…。

肌にぴったりフィットするボトムは、空気が抜けないので暑い夏には不向きです。

デニムは熱がこもりやすいので、避けた方がベター。

素足の状態だと、知らず知らずのうちに冷房で冷えているのでご注意を!

 

「直射日光」と「温度差」を避ける服装を心がけて、上手に夏だるを防いで下さいね~!!

 

◆京都情報

京都水族館 オットセイの赤ちゃん誕生 & 名前を一般募集!!

http://www.kyoto-aquarium.com/news/2016/08/ottoseinoyurikago.html

 

 

2016-08-25-13-36-44-018 今日の KYOTO RIVERSIDE WALK 木曜日は、

 京都産業大学インターンシップ生の3人と

 特別バージョンでお送りいたしました♪

 賑やかで楽しかった~(*^_^*)