Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

3/15 髪の毛の抜け毛やフケ、かゆみを防ぐ肝とは?

プログラム名:KYOTO RIVERSIDE WALK 水曜日
更新日:2017年03月15日

VIVRE はんなり STYLE

 

あなたも知らずにやっていませんか?実はNGな髪の洗い方

 

このやり方を変えるだけで、抜け毛を防ぐことはもちろん、

フケやかゆみを防いだり、キレイな髪を保つことができるので

是非チェックをしてみてください

 

ちなみに、私はこのNGのやり方を手順通りやっていました(汗)

 

 

 

そもそもシャンプーってなんのためにあると思いますか?

実は、髪を洗うためというより、頭皮を洗うことが重要なんですね

 

髪の成長には、頭皮を健康に保つことが大切といわれていますよね

つまり、シャンプー剤は髪の毛そのものを洗うことではなく、

頭皮から分泌する皮脂や老廃物を洗い落とすために用いているのです

 

やりがちなことその①

髪の毛を濡らして、すぐにシャンプーしていませんか?

NGですよ!

 

汚れをシャンプーの前にしっかりと落とすことで、

シャンプーをつけたときの泡立ちがよくなり、

頭皮の汚れまでしっかりと落とすことができるんだそうですよ

 

 

やりがちなことその②

シャンプー原液をそのまま髪につけて泡立てていませんか?  

NGですよ!

 

シャンプーはお湯で泡立てたときにちょうどよい洗浄力になるように作られているそうです

なので、お湯で泡立てる前の原液をそのままつけるのは、

頭皮への刺激が強いことがあります

 

 

やりがちなことその③

洗う時、ゴシゴシして洗っていませんか?

NGですよ!

 

頭皮をゴシゴシ擦ると、頭皮が傷ついてしまい、

そこから炎症ができたり、抜け毛の原因となってしまいます

 

そこで、指の腹を使って、上下に動かして地肌をしっかり マッサージする気持ちで

やってみるとよいそうですよ

 

ちなみに、私が実際にやってみると、

結構指が疲れました

でも、頭はゴシゴシしている時より

だいぶ気持ちがよかったです♪

 

 

やりがちなことその④

シャンプーの後のリンス・コンディショナーはどこにつけてますか?

毛先を中心につけましょう!

 

リンスの役割というのは、

髪の表面に油分の膜で保護させる事によって、

水分の蒸発を防いだり、髪のツヤを出したりします

頭皮につけると刺激になるのでやめましょう

 

 

 

いかがでしたか?

私は恥ずかしながらほぼやっていましたね。。

だから抜け毛とかもあるのかなと思ったり・・。

 

髪の毛って顔と繋がっていることから、

顔と同じくらい年齢が出やすいと聞きますよね

 

髪の毛もしっかりいたわり、

ケアすることで若若しく、キレイにしていたいですね♪

 

 

あーみんの京味津々

 

春が近づいてくるにつれて、

何か新しいことを始めたいという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、私の趣味でもある「カメラ」を

新しい趣味にしてみてはどうですか?という今日は提案をしました

 

 

何がよいか?

  • 色んな視点でみることができるようになる
  • 色んな場所へ行くようになる→行動範囲が広がる
  • 季節に敏感になり、心が豊かになる
  • 撮ることも楽しいが写真を観ることも楽しくなる

 

写真を撮るというのが続けるのが難しい理由として、

・持ち歩くこと(重いし億劫になる)

・使い方がよく分からない

が主に挙げられる原因かと思います

 

私はみんなで写真を撮って遊びませんか?っていうサークルみたいなものに出会って

撮りに行く機会が多くなり、没頭できました

 

他にもご自分で上達する方法として、

最近はYOU TUBEとか

そういった動画サイトで分かりやすくレクチャーしてくれるサイトが結構ありますね

例えば「カメラの学校」というサイトが無料で1レクチャー3分以内の動画で

分かりやすく説明していましたよ、よければ参考にしてみてください☆

 

KYOTO PICK UP INFO

 

舞鶴市にある加佐(かさ)地域 農業農村活性化センター

大庄屋(おおじょうや)上野家(うえのけ)にて開催される

「春のたまご祭り」をご紹介しました

 

日時:3月26日㈰ 10時~13時
料金:ひとり1,200円、3歳~小学生800円
定員:20名 (先着順)
場所:大庄屋上野家
持物:保存容器(マヨネーズお持ち帰り用)
受付締切:3月21日

受付先&問い合わせ 

加佐地域農業農村活性化センター

TEL 0773-60-8200 

FAX 0773-60-8201

 

 

*=*=*=*=*=

趣味といった写真、

趣味とは言ったものの、

最近は全くカメラを触っていませんでした

 

しかし、先日友人に連れられて写真展を観に行ったのですが、

その時に中高年の方々が撮られた写真と若者が撮った写真が

たまたま隣接して展示されていたのを見て、面白い!と思いました

 

というのも、やっぱり撮る人の視点で写すもの、写るものは変わるんですね

どちらも想いのこもったステキな写真で

私の写欲(写真を撮りたいという気持ち)が刺激されました!

もうすぐ気温が温かくなってくるし、

どこかに撮りに行きたいな~と思った週末でした☆