Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

3月16日 「ホットミルク」の白い膜の正体とは!?

プログラム名:KYOTO RIVERSIDE WALK 木曜日
更新日:2017年03月16日

◆「VIVREはんなりStyle」

 

寒いときや寝る前に、無性に飲みたくなるホットミルク♪

ホットミルクを飲むと、心も身体もポカポカしてきますよね!

美味しいホットミルクですが、ホットミルクを作ると必ずと言っていいほどできる湯葉のような白い膜、私は苦手なので、いつも除けてしまします。

あの白い膜、一体何モノなんでしょうか?

 

実は、牛乳中に含まれるカゼインと呼ばれるたんぱく質の一種なんです!

たんぱく質は、熱を加えると固まるという性質を持っています。

加熱することにより、表面の水分が蒸発し、その部分の成分が凝縮されます。

牛乳の場合、加熱して60度から65度あたりになると表面に白い膜ができます。

 

白い膜にはミルクの栄養がギュッと詰まっているので、むしろ食べた方が良いんです!

それでも、やっぱり私のようにあの白い膜が苦手な方は…

白い膜ができない方法として、

・牛乳を温める際に、途中でかき混ぜる

・あらかじめ、牛乳に少しだけお砂糖を加えておく

この二つがポイントです!

膜が気になる方は試してみてください(*^-^*)

 

 

◆「珠里collection ~じゅり☆コレ~」

味噌ソムリエとして活躍されている岡田寿枝さんにゲストにお越しいただきました!

味噌は、身体にも良く、どんな料理にも使いやすい万能な調味料♪

大豆・麹・塩があれば、手作り味噌も作れるそうです!

岡田さんは、定期的に味噌づくりや健康に関する様々な講座を開催されています。

 

実は、私、岡田さん特製の手作り味噌をいただいちゃいました!

野菜に付けて食べると、普段食べている野菜が格段に美味しく感じられましたよ♪

皆さんもぜひ、手作り味噌に挑戦してみてくださいね~( *´艸`)☆