Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

10月19日 ニットの季節♡「毛玉」ができやすい素材・できにくい素材!

プログラム名:KYOTO RIVERSIDE WALK 木曜日
更新日:2017年10月19日

◆「VIVRE はんなり Style」

 

今、コスモスが見頃です!

テレビでも、連日キレイなコスモス畑が映し出されているのを目にします。

 

原産はメキシコなので外来品種ですが、日本の風景に合っているなどの理由から「コスモス」は日本でもメジャーなお花!

「コスモス」の曲も多いですね!コスモスがタイトルに使われていたり、歌詞でコスモスが出てきたり…。

葉は線のように細いコスモスですが、台風で倒されても茎の途中から根を出し、また立ち上がって花をつけるというほど強いのだそうです!

可憐で、少し弱々しいイメージがありますが、その見た目とはだいぶ違って強いお花なんですね!

 

女性の鏡のよう…。そんなコスモスのような女性に、私もなりたいです!!笑

 

 

◆「珠里collection ~じゅり☆コレ~」

 

これからどんどん寒くなり、ニットやコートを着る機会が増えてきますね!

ニットやコート可愛いものも多いし、温かいし、今から着るのが楽しみなんですが…

こんな悩みが付き物!!

「また毛玉ができてしまった…」

 

素材によって、毛玉ができやすいものと、できにくいものがあるのでしょうか

…あるんです!!! 

 じゅり☆コレキーワードは「毛玉ができやすい素材・できにくい素材」!

 

毛玉ができやすい素材

ずばり、アクリル100%のものです!

アクリルは非常に強い繊維のため絡まりやすく、できた毛玉が取れにくいのが特徴です。

 ただアクリルは、チクチクしにくいといったメリットも。

 

また、天然繊維と化学繊維の混紡の場合(こんぼう= 2種類以上の繊維を組み合わせている加工)も、毛玉が出来やすくなります

 

・天然繊維…ウール(羊毛)やアンゴラ、カシミアなど、自然に存在しているもの。

・化学繊維…アクリル、ポリエステルなど、人工的に作られたもの。

 

毛玉ができにくい素材

反対に毛玉が出来にくい素材は、綿100%やシルク、ウールやカシミア、アンゴラなど天然繊維のみのものです。

毛玉になっても、繊維が柔らかく絡まってもほどけやすい特徴があります。

 

毛玉を防止する方法

ちょっとひと手間加えてみましょう!

 

・洗濯時、洗濯ネットの使用

衣類同士の摩擦を減らすために、洗濯ネットを使用しましょう。

ネットに入れる際、洋服を裏返して入れる事も忘れずに!

 

・静電気防止スプレー

生地同士がこすれる部分や、バッグ・ベルトがこすれる部分など、摩擦が起こりやすいところを重点的にスプレーしましょう!

最近「毛玉を防ぐ衣類スプレー」が発売されたというのも、少し話題になっていましたね!

 

お気に入りのニットをキレイな状態で長く着られるように、毛玉のお手入れもしっかりしていきましょう♪

 

 

◆「Kyoto Pickup Info ~京都情報~」

 

京都でキレイなコスモスが見られるスポットはこちら!

京都 丹波/亀岡 「夢コスモス園」10月29日(日)まで

http://yume-cosmos.com/

約4.0haの面積に20品種約800万本のコスモスが風にそよぐ姿は圧巻です!!

丹波亀岡の味覚が一堂に集結する「丹波味わい市」や、ユーモラスな作品が盛りだくさんの「創作かかしコンテスト」など、1日中楽しめるイベントが盛りだくさんです♪