Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

11月21日 あなたのルーティンは?!

プログラム名:KYOTO RIVERSIDE WALK 火曜日
更新日:2017年11月21日

<VIVRE はんなり Style>

皆さんは、同じタイミングで決まってすることはありますか?!

さらに、毎日決まった時間に決まった方法ですることはありますか?

このような行動をルーティンといいますが、ルーティンと言えばイチロー選手が浮かんできませんか(^^;)

彼は、翌日のゲームの開始時間から逆算して、寝る時間、起きる時間、食事の時間など、全てのスケジュールを決めて行動するんですよね。そして、スタジアムに入る際の足も決めていたり、打席に入るまでにすることはもちろん、試合後の反省の仕方などもかなり細かく決めているそうでなんです。そして、毎日カレーを食べるというのも有名ですよね。

緊張する場面でルーティンを行うことは、普段の練習と同じ精神状態を作り出すことにつながるので、ルーティンを持っていると、いつでもどこでもいつも通りの力を発揮することができるそうなんです。

実際に、スポーツ心理学の研究で、ルーティンのある選手の方がない選手に比べ成功体験が多いことが明らかにされているようです。

これは、スポーツ選手に限らず、世の中の成功者と言われる人達もルーティンを持っている人は多いようです。

ルーティンを持って行うことで、時間を有効活用して、大事な事に集中が出来き、自分の力を発揮することに繋がるのだと思います。

イチロー選手のようにはできませんが、自分のオリジナル・ルーティンを持って仕事に集中して、効率アップを目指したいですね♪

 

<Energy Booster>

筋肉痛を和らげるには、「先ずはストレッチ、次に温める」と思っていました。

しかし、筋肉痛になって痛みが激しい場合はまずは冷やすことが一番だそうです( ゚Д゚)

アイシングをして患部を冷やし、痛みが緩和されてから温めるのが効果的なのだそうです。

血流をよくすることで、蓄積された乳酸を早く排出することができ、新陳代謝が促進されて回復を早めてくるようです。

運動直後や痛みが激しい場合には、血流がよくなって、炎症を促進させてしまうので控えた方がいいみたいですね。

あと、筋肉痛の改善効果がある栄養を補給するのも一つ。

 肉類、魚介類、卵など(タンパク質)

 ウナギ、豚肉、レバーなど(ビタミンB1)

 にんにく、とうがらしなど(ビタミンB6)

 黒酢、レモンなどのかんきつ類(クエン酸)

 大豆など(亜鉛)

が筋肉痛の改善に効果のある栄養としてあげられています!

そして、たっぷり睡眠をとる。

筋肉痛に限りらず、疲労回復には睡眠は不可欠。眠っているときに成長ホルモンが分泌されて、消耗した筋肉を修復してくれる作用もあるそうです。

また、アイシングは、実は予防する方法としても最適なようです。

運動直後の筋肉が熱くなっているときに、疲労がたまって筋肉痛にならないようアイシングをするんですって!つまり、アイシングは筋肉痛になる前の予防策ですね。

筋肉痛になった時、また、筋肉痛予防には「アイシング」がポイント!です。

 

<Kyoto Pickup Info>

①ジョイラン☆第881回 ラン・紅葉・スイーツ!京都ジョイラン2017秋

(北野さん・食の秋編)

開催日時:2017年11月25日 (土) スタート10:00 終了14:00

詳細はこちら♪

②ジョイラン☆第882回 ラン・紅葉・スイーツ!京都ジョイラン2017秋

(山科・東山紅葉満喫編)

開催日時: 2017年11月26日 (日) スタート10:00 終了14:00

詳細はこちら♪

③リスナープレゼント

【プレゼント】田中工芸刺繍Stitch Kiyoハンドタオルプレゼント!

詳細はこちら♪