Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

2月15日 じゅり流、平昌オリンピックの楽しみ方☆~開会式から見る各国こだわりのユニフォーム~

プログラム名:KYOTO RIVERSIDE WALK 木曜日
更新日:2018年02月15日

冬季オリンピック真っ只中!
オリンピックのテーマソングや珠里流のオリンピックの楽しみ方など、今週はオリンピックスペシャルをお送りしました~(^-^)

 

◆「VIVRE はんなり Style」

 

オリンピックを見ていると、寒い中戦っている選手のスタミナに驚かされます。

私もスタミナをつけたい!!

そんな時は…

 

緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養の王さま「ニラ」を食べよう!

ニラにはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどが豊富に含まれており「緑黄色野菜の栄養の王様」と呼ばれています。
さらには、葉緑素であるクロロフィルが腸内の解毒効果ももたらし、食物繊維がお通じも良くしてくれるので、まさに排出と補充の最高食材と言えるのです!

そして、ニラの根元には葉先に比べて4倍物のアリシンが含まれています。
アリシンは、ニンニクやタマネギに含まれている血液サラサラ成分で、疲労回復にも役立ちます♪

 

ニラは切り方一つで栄養量が変わってしまう食材

ニラは、葉先にビタミン類・根元にアリシンが含まれているので、切り方次第で25%以上も栄養がダメになってしまうことも。

ニラの栄養を余すことなく取り入れるには、葉先はできるだけ大きくざく切りに、根元に近づくほど細かく刻んでアリシンをたくさん出させましょう。

また、濡れたまま置いておくと、ビタミンもアリシンも水に流れ出てしまいます。

そして、ニラを洗うときは、切る前に!もちろん、切ったら、すぐに調理しましょう。

 

ニラと相性の良い食材

ニラを単体で食べることは少ないと思いますが、ニラはビタミンB1を含む食材ととても相性がよいので、「豚肉」や「レバー」「ハム」と一緒に食べることによって、更に疲労回復が期待できます。

ニラに含まれるアリシンが、ビタミンB1の吸収をなんと10倍も促進してくれるのです!!

 

ニラを調理するポイント!

ニラはともかく「手早く」が大切。

ニラに含まれるビタミン類は水に溶けやすく、熱に弱いため、切ったら10分以内に調理しましょう!
また、熱もさっと通すだけが正解。

レンジでチンするだけのおひたしにする、お鍋に入れるときは一番最後に、上の方に乗せて蓋をして蒸すだけにするなど、工夫しましょう。

 

寒い冬、ニラ料理でスタミナをつけましょう!

 

 

◆「珠里collection ~じゅり☆コレ~」

 

オリンピック!選手が活躍する試合はもちろんですが、私はいつも、日本選手団が着ている「ユニフォーム」にもとても注目しています!!

各国のユニフォーム、有名ブランドが手掛けていたり、コンセプトがあったり…というところも見どころの1つ!

オシャレ度が高い国が多いんです!私には、開会式がファッションショーにも見えてきます( *´艸`)♪

 

今回のじゅり☆コレ キーワードは「平昌冬季オリンピックのユニフォーム」

 

制服と公式ウェアがあります。

結団式・壮行会の時には、制服のスーツを、開会式の時には、公式ウェアを着用していました。

 

まずは日本選手団の制服から…

<コンセプト>
「輝け!今を駆け抜ける、勇者たち!」

<デザイン・製作>
スーツの製造販売の「AOKI」

日本選手団の制服にふさわしいということで、全て「日本製」を追求したそうですよ!

コンセプトが勢いのあるものに対して、イメージは「落ち着いてきちんとした」感じでしょうか。

<男性用>8アイテム
ジャケット、スラックス、シャツ、ネクタイ、ベルト、ソックス、渡航用ニットシャツ、靴


<女性用>9アイテム
ジャケット、スラックス、ブラウス、スカーフ、ベルト、ストッキング、バッグ、渡航用ニットシャツ、靴

日本代表選手団の制服(ユニフォーム)の特徴

・上着のデザインはシングルとダブルが選べる

・パンツのシルエットはスリムとワンタックが選べる

・オリジナルニット素材の伸縮性で楽に動ける

・こだわりの日本製素材、日本縫製

選手が長時間着ていても心地よく過ごせるように工夫されているんですね。

納得の服装ですね!


さて、続いて、公式ウェアについてです。

<コンセプト>
「PROUD OFJAPAN.」
「日本を、誇れ。」

<カラー>
メインカラー:「サンライズレッド」

サブカラー:「ジャパンブルー」

<デザイン・製作>
アシックス

アシックスは、アウター・インナーウェアはもちろん、シューズ、バッグ等のオフィシャルスポーツウェア一式をプロデュースします。

アシックスの開発チームは現地平昌に行って、現実の耐寒性、快適性を自らが体験して商品開発を行ったそうです。

サンライズレットは、朝日が昇る力強さをイメージ。

ジャパンブルーは、日本を囲む蒼い深い青色を表したそうです。

カッコイイですね~!!

 

他の国も、ユニフォームがかっこいいんです♡

【アメリカ】ポロ・ラルフローレンの「発熱するジャケット」

極寒の韓国・平昌(ピョンチャン)で開催される冬季オリンピックに参加する米国チームのために、ラルフローレンが「発熱するジャケット」を開発。

特殊な素材と小型バッテリーの組み合わせによって電気毛布のように暖かくなる最新のテクノロジーによって開発されたボマージャケットを採用!

 

一般の方も、ラルフローレンのネットショップで購入できるそう。

レプリカなどが販売されたりと、アメリカのユニフォームやグッズは毎回注目度が高いそうです!

 

【イタリア】

開会式後に「カッコイイ!」と世界中でかなりの評判に!アルマーニが手掛けた、スタイル抜群に見えるシュッとしたデザインです!

 

【カナダ】

赤×ブラックのチェックのユニフォーム!白い雪の中に、このデザインは映えること間違いなし!

 

【ドイツ】

墨色のようなオシャレなブラックのコンパクトなダウン。裏地が赤で、チラッと見えた時がオシャレ!

 

まだまだ気になる国がたくさん♪

日本チームもクールでかっこいいですが、他の国のユニフォームもおしゃれに見えます!

どこの国も、選手が着心地よく、機能的なデザインにしているんですね。

それにしても、アメリカの「ヒーター内臓」には驚きました…

 

 

◆「Kyoto Pickup Info ~京都情報~」

 

2月18日(日) いよいよ「京都マラソン2018」が開催!

ランナーも応援する人も、楽しめる企画がいっぱい!

詳しくは公式HPをチェック!

 

※当日は交通規制が行われます。ご注意を!