Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

8月11日 オリンピック開幕!~ もう1つの楽しみ方 ~

プログラム名:GLOCAL KYOTO 木曜日
更新日:2016年08月11日

◆「じゅりの気になる!」

 

現在、約2週間に渡って熱戦が繰り広げられている、リオデジャネイロ オリンピック!

若手アスリートの活躍が目まぐるしいですね。

ところで皆さんは、「ユニフォーム」に注目してオリンピックを見たことはありますか?

オリンピックのユニフォーム、実は有名なデザイナーやブランドが手掛けています!

 

オリンピックは国をアピールできる絶好の機会ということもあり、各国、ユニフォームの製作にもかなり力を入れて取り組んでいるんです!!

今季のオリンピック開会式で着ていたユニフォームをいくつかご紹介します。

 

・日本

「髙島屋」が製作。伝統を大切にしたデザイン。赤いジャケットと白のパンツの日の丸カラー。

デザインコンセプトは「情熱~真紅に宿る、太陽の熱量をちからに~」

 

・カナダ

ナショナルカラーの赤と白を使用。バックには大きなメープル。

若者に大人気の「ディースクエアード」がカナダの有名百貨店ハドソンベイとタッグを組んで製作。

インナーの裾を出してアウターからチラ見せするルーズな着こなしがかっこいいと世界中で話題!

 

・オーストラリア

オーストラリアのファンションメーカー「スポーツクラフト」が製作。

ブレザーの裏地には、オーストラリアの歴代ゴールドメダリストの名前が刺繍してあるそう。

航空会社の制服のような、スタイリッシュなデザイン。

 

・スウェーデン

ナショナルカラーの黄色と青色を使用。「H&M」が製作。

環境にも配慮されたリサイクル素材を使ったユニフォーム。

 

・フランス

「ラコステ」が製作。白とネイビーを基調とした爽やか系デザイン。

ラコステお馴染みのワニのマークは、フランスの国旗カラーになって胸元にあしらわれている。

 

・アメリカ

「ポロ ラルフ ローレン」が5季連続で製作。

とにかくメディア映えするように、シンプルでグラフィカルなデザインを心掛けているそう。

赤、青、白、のビビットカラーが印象的!

 

…というように、

国ごとに、本当に多種多様!各国のユニフォームについて語り出したらキリがありません!

国の特色が出ていて、このようなオリンピックの見方も面白いですよ♪

 

◆いきいき北区 情報コーナー!

2016-08-11-17-09-09-179
京都市 北区 協力のコーナー。

今回のゲストは、「京都市 北 青少年活動センター」の皆さん!

就労支援「農業プログラム」についてうかがいました。

詳しくは、PODCASTを聴いて下さいね。

 

20160811_155820

番組終了後、

皆さんの愛情いっぱい!有機無農薬の取れ立て野菜をいただいちゃいました!

 

 

 

◆「心に残る、キラッとワード」

「勝ち負けなんか、ちっぽけな事。大事なことは、本気だったかどうか!」  松岡 修造

 

本気で何かに打ち込んでいる人の姿は、本当に素敵ですよね!たくさんの感動を呼びます。

自分も触発されて、頑張らなきゃ!という気持ちにさせられますね。

 

それでは皆さん、また来週♪