Radio Mix Kyoto FM87.0MHz

トップページへ本文へ標準サイズ文字を大きくする

4月12日 泣くだけで健康に!?「涙活」のススメ

プログラム名:GLOCAL KYOTO 木曜日
更新日:2018年04月12日

◆「じゅりの気になる!」

 
あなたは最近、いつ泣きましたか?
 
大人になると泣くのを我慢することが多いですが、実は、笑うよりも泣くほうがストレス解消には役立つということが、多くの実験で立証されているのです!

明日に向かって前向きなやる気を引き出すには「笑う」ほうが効果的ですが、ストレス解消という意味では「泣く」方が効き目があるそうです。

キレイな涙を流すのは、美容にも効果が…( *´艸`)♡

 

涙を流してストレスを解消するポイントは、「感情を持った涙を流す」ということ!!

ドライアイを防ぐために出る涙や、玉ねぎを切った時に出る涙からは、残念ながらストレスを解消する効果はありません・・・。

心に響く本を読んだり、泣ける映画を見たり、音楽を聴いたり、感情を持った涙を流すのがポイントです。

また、スポーツ観戦で涙を流すのもオススメ!

時間的には、夕方に泣く方が泣いた後のスッキリ感が長続きするため、効果が高いと言われています。

涙は「量より質」を意識してください。何の感情も入っていない涙をいくら流しても効果がありません!


ちなみに、最も質の高い涙は何だと思いますか?

「うれし涙」と「共感の涙」だそうです。

 

また、泣くと目が腫れてしまいますよね。

せっかく良い涙を流してスッキリしたのに、泣いた翌日に目が腫れてしまうと、新たなストレスを溜める原因にもなりかねません・・・。
目が腫れる原因は、泣いたときに思わず手やハンカチでこすってしまうこと。

涙は流しっぱなしにするか、頬まで伝わってきたところを押さえるようにして拭くと、瞼の腫れを防げますよ。

 

世の中には「涙活」という言葉もあるように、時には我慢せず涙を流して、身も心もデトックスしましょう♪

 

 

◆「いきいき北区 情報コーナー!」

今回のゲストは、ホタルのキャラクター「澄都くん」と「ひかりちゃん」や夏に私たちを涼しく癒してくれる「京の駅ミスト」でお馴染みの「京都市上下水道局」のお二人!
 
ふれあいまつりなどの地域のイベントにもブースを出展されており、気が付けば、京都市上下水道局は私たちにとって身近な存在ですよね。
 
 
この度、備蓄用飲料水「京のかがやき 疎水物語」がリニューアル!!
賞味期限が、これまでの5年→10年に延長され、デザインも明るく一新されました!
 
災害時に一人当たり一日に必要な水は3リットル。
皆さんもいざという時に備え、「京のかがやき 疎水物語」を備蓄しておいてくださいね!!
 
もちろん、普段飲むお水としても、とても飲みやすくておすすめです(^-^)
 
また、地域の「水道・下水道の総合窓口」である上下水道局の営業所は、引っ越しに伴う水道の使用開始・中止、料金の支払いについて、その他あらゆる問い合わせ窓口として、地域に根差しています。
 
5月7日には、北部営業所と左京営業所が再編され、現在の左京営業所の場所に北部営業所が移ります。
 
これまで以上に、私たち市民のニーズに的確に応え、満足度の向上に努めて下さると、心強いお言葉をいただきました!
 
詳しくはPODCASTをお聴きください!
 
 
 
◆「心に残る、キラッとワード」
 
 
「なみだで洗われたまなこは、清らかで深い」   相田みつを
 
 
泣きたい時には我慢しないで思いっきり泣けば良いんです!
きれいな涙を流したあなたの瞳は、きっと美しいはずですよ!